Tomihiro museum

今月オープンする富弘美術館の内覧会に行ってきました。

プランの円と円が接するたびに、多種多様な素材が詰め込まれたインテリアが次々に変わっていくさまは、予想以上に楽しい美術館になりそうな雰囲気。

でも、星野富弘さんの作品の素朴さや、やさしい印象を考えれば、もう少しシンプルでもよかったかな、というのが個人的な感想です。円のみの平面構成のコンペ当選案を見たとき、どんな展示方法をとるのか気になっていたのですが、あの平面形が可能になったのは、展示される作品の大きさが限定されていたからなのだと、実際に見て納得。